♪ピアノを習うと頭がよくなる?

 

 

「ピアノを習うと頭がよくなる……」

以前、話題になりました。

教室のブログにも、そのことについて記事を書きましたが、

ここに抜粋して載せてみます。

 

 

 

 

以前、明石家さんまさん司会の某テレビ番組で話題になったようですね。

脳科学者の澤口俊之さんが、こう発言されたそうです。

 

「一番習い事としていいのはピアノです。

 指を動かす。 

 先を読む。

 暗記する。

 全て脳の働きを高める。

 ピアノを習っている子は、頭がいい。

 さらに、ピアノを習うとキレにくくなる。」

 

こんなデータがあるそうです。

 

「ある年の東大合格者106人のアンケートで

 小学校時代にしていた習い事は、英会話、そろばんなどをしのぎ

 ピアノがダントツで一番という結果が出ている。」

 

 

 

まぁ東大合格者全員のアンケートではありませんし、

東大に合格するような教育熱心なご家庭では、

小さい頃からいろいろな習い事をされていると思いますので

その中にピアノが含まれていて当然、という見方もできますが。

 

ただ、ピアノを習うと、頭を使うということは確かだと思います。

「ピアノを弾く」という行為は、ただ指を動かしているだけではありません。

 

「ピアノを弾く」ということは

 

①目で見たもの(楽譜や鍵盤)を脳が判断して

②脳に指令を送って、指を動かし

③耳で間違っていないか判断する  

 

という動作をすることです。

 

さらに、①の「目で見たもの」、「楽譜」についてですが

「楽譜を読む」ということは

「何の音か読んでいる」だけではありません。

 

「何の音か?」という以外にも

 

•リズムは?何拍のばす?

•指使いは?

•両手を合わせるタイミングは?

•スラーやスタッカートにも注意

•♯や♭にも注意

•テンポは速い?遅い?

•強弱はどうつける?

•どんなタッチで、どんな音色で弾く?

•ペダルはどこで使う?

 

など、たくさん気をつけることがあります。

 

「ピアノを弾く」って複雑な作業なのです。

なので、テレビを観るより、ピアノを弾く方が

脳をたくさん働かせることができるのです。

そのため、「ピアノを習うと頭がよくなる」という意見が

あるのだと思います。

 

 

脳を働かせることはとてもよいことですが、私が思うに

ピアノを習うと、毎日コツコツと何かをする習慣が身につく」ということも

大きいのではないでしょうか?

 

例えば、保育園や幼稚園の頃からピアノを習い、

自宅での練習もきちんとできるお子さんは

「毎日コツコツと続ける」ことが当たり前になっているため、

小学校に入学してからも、学校の宿題が苦にならない場合が多いようです。

 

それほど長い時間でなくても

 

•ピアノの前に座って練習をする

•机に向かって勉強をする

 

同じことです。

 

 

最後にもうひとつ、こんなデータもあるそうです。

 

「平成2年に、東京都の教育委員会が調査したデータで

 音楽の習い事をしている子は、していない子に比べて

 小学校の生活態度がよい、という結果がでている。」

 

 

 

 

 

以上、教室のブログから抜粋しました。

 

他のピアノの先生方も、たくさん「ピアノを習うと頭がよくなる」について

記事を書いていらっしゃいます。

興味がおありの方は検索なさってみてください。